2022年06月24日

2022年06月23日

2022年06月22日

2022年06月21日

2022年06月20日

2022年06月17日

2022年06月16日

2022年06月15日

2022年06月14日

2022年06月13日

2022年06月10日

2022年06月09日

2022年06月07日

2022年06月06日

2022年06月03日

2022年06月02日
先週は8ヶ月振りで都心に出て、操上和美さんにポートレイトを撮ってもらった。実物以上に別人に撮ってもらって、ヘェーという感じ。家からアトリエまで5分のところ、息切れがするようになってから15分かかる。ゆっくり時間をかけて歩くのがいいそうだ。

ゆっくり歩くのは難しいけれど、今は早く(普通に)歩くのが難しい。でも絵はアスリート並みに早く描く。考えないから早く描ける。

ゆっくり描くと、絵は面白いのが描けない。絵は早く描いても歩くより疲れない。

僕は画家というより、アスリートに近い。頭であれこれ考えない。瞬間的に身体が動く。100号でも早い時は時間以内で描いてしまう。あとの時間はボンヤリしている。

読書の好きな人のように、僕は何もしない、考えない時間を過ごすのが好きだ。

昔、禅寺に1年間参禅した経験からか、考えないことが苦痛にならない。考えないことほど、至福な時間はない。自分にとって考えるのは地獄だけれど考えないのは極楽だ。

考え過ぎると一日の時間が短い。頭を空っぽにすると一日が長い。老齢になると一日が短いと誰が言ったのか知らないけれど、全くその反対だ。一日が長い、長い。





2022年06月01日



↑↑ GO TO THE TOP ↑↑